不動産の「動産」と土地の「定着物」について

不動産と仲介部門

仲介部門は、事業所数、従業員数からみると、不動産業界の四つの部門の中でも開発部門を上回る規模を誇るが

不動産と開発部門

ひとくちに開発部門といっても、その裾野は広い。まず最初に上げられるのが住宅や宅地の開発。首都圏では多

不動産と売上高

各種の不動産を事業として取り扱うのが不動産業です。 その業務を規制する法律である宅地建物取、引業法で